手作りの果物シロップ・飲み物で夏季でもちっとも

実家から届いたずっしりと重いカバンの中には実家の畑で採れた野菜の以外、大きなペットボトルが一本入っていました。コーヒーかと想うくらいくどい色をしたこれは年々婦人が作り上げる赤紫蘇のサワーシロップだ。執念深い色合いはソーダや水で割るととてもきれいな紫がかったルビー色になります。
こういうシロップは婦人が花粉症の身に効くと聞いて出し始めてくれたものです。紫蘇と酢が入ったシロップはすっきりとして何ともおいしく、実家を出てからも送ってくれるように頼んでいました。
そしてこういう自作シロップをきっかけとして、少し前から私もシロップを探るようになりました。その時機に出回るフルーツでシロップに向いていそうなものを見つけると、片っ端から試しては飲んである。
一般的なものだとレモンや梅、また私の好きなフルーツだといちご、ブルーベリー、他にも長々作ってある。失敗したとおもうこともありますが、そんな時にも投げ棄てたりはせずに他のシロップと混ぜて飲んだりすることで意外に美味しくなったりも行う。原料はフルーツと砂糖、砂糖は感触で黒砂糖にしたりはちみつに変えたりして、またときにはサワーシロップにするためにりんご酢を押し込めることもあります。
出来上がったシロップはガラスの保全器物に入れ、冷蔵庫に並べていますがフルーツの色がカラフルでとても佳麗だ。夏場の暑い太陽、氷をしっかり入れたグラスに婦人からもらった赤紫蘇シロップと梅シロップを自己流に何ら含有にしてソーダで割り、ゆっくりとくつろぐのは甚だ癒されるタイミングだ。http://www.foosquare.com/vio-datsumo/